投資における債権

投資における債権について

投資における債権ファクタリング

投資先に中小企業を考える場合、資金繰りが難しく、常にキャッシュフローの問題を抱えている会社も少なくありません。商品の納品、サービスの提供まで完了しており、請求書を発行済みであるにも関わらず、支払が実行されていない場合、キャッシュフローに生じるマイナス作用を解消するため、売掛債権を資金化するファクタリング取引が行われます。金融機関に融資を断られたり、メインバンク・取引先に知られることなく売掛債権を資金化したい企業が、この取引を行う傾向にあります。投資する企業を検討するにあたり、確認すべき事項であると言えるでしょう。

ファクタリングの内容と利便性

企業が持つ売掛債権を買取り、業務として債権管理や回収、投資等を行う事をファクタリング(factoring)といい、金融サービスの一種として認知されています。企業はこの業務請負会社に手数料を支払って売却金を得るシステムですが、ファクタリングには債権の買取、買取及び回収業務まで請け負う保証と一括支払信託、貿易取引に関わるコスト削減目的に国際間で利用されるものがあり、目的に応じた契約ができます。取引対象が売掛金なので契約は売買で成立し、早期の資金調達が可能という利点から主に中小企業間でニーズが広まっており、投資の分野でも活用が期待されています。

↑PAGE TOP